インターネット料金

インターネットの利用料金の相場

インタ−ネットの利用料金は最近価格低下傾向にあるといわれています。一昔前のインターネットというとISDNと言われる使ったら使った分従量課金制だったのに対して現在はADSLや光回線など定額制のものに変化してきました。月額料金を払って使い放題というのが、現在のインターネット回線料金です。この月額料金も光回線開通直後は高額なものでしたが、最近の相場は大体5000円から8000円だといわれています。速度や回線業者、プロバイダ料、住宅の状況によっても金額は上下しますが、どこを利用してもそこまで大きな差はないようですね。インターネット回線は長く使うものなのでなるべく信頼できて費用が抑えられるところがおすすめです。とくに一戸建ての場合は慎重に選びたいですね。集合住宅ではその棟自体がインターネット回線を引いているというところも多くあります。また、最近注目されているのが携帯会社との提携です。携帯電話料金から割引や支払いをまとめるサービスなどが行われているようです。インターネット業界自体が価格競争激化の今、付加価値としてそういったプラスアルファのサービスも行われています。

 

ただ、光コラボと言って、携帯電話とインターネットのセット割というのも流行っており、携帯の利用料金がかなり安くなることで多くの人がセット割りに加入しています。料金が安くなるうえに、とくにネット環境が悪化するわけではありませんからね。

auユーザーは断然auひかりがおすすめ!?

携帯やスマホがauの場合や、家族にauを利用している人が多い場合、自宅でインターネットを使うのであればauひかりが断然おすすめです。というのも、auスマートバリューと言う割引キャンペーンによって、携帯利用料金がかなり値下げされるからです。一人1000円〜2000円ほど安くなるのですが、同居のauを利用している家族には全員に適用されます。5人家族が全員auであれば、一カ月に5000円〜10000円ほど節約できる場合も少なくないのです。詳細はこちらの記事に載っていますのでチェックしてみてください。

 

 

 

インターネットの利用料金を安く節約する方法

 

現代社会においてネット回線がある状態は当たり前だと言ってもいいでしょう。自宅にインターネット回線を引いているのも今や珍しい光景ではありません。コンビニエンスストアやデパートなどの無料でネットにつなげるスポットも人気ですね。しかしインターネット料金、実は意外と高いと感じている方も多いようです。どうにか節約したいという声も多く見られます。利用料金を安くしたいのであればモバイルルーターがおすすめです。月額料金も3000円ほどのものが多いので少し安く済みます。また、外出先に持ち運ぶことでいつでもどこでもネット回線が利用できます。しかし繋がらない場所があったりバッテリーが切れたら使用不可能になるなどデメリットもあります。もうひとつの方法はプロバイダを見直すという点です。実際にプロバイダを乗り換えることで月額の支払いが10000円以上かかっていたものが6000円ほどになったというケースもあります。インターネット回線自体はどこを利用してもそこまで大きな差はありません。プロバイダは盲点だったという方も多いのではないでしょうか。

 

インターネットの起源

 

インターネットの起源は、意外と古く、起源は今から半世紀以上前にまで遡ります。1957年に最初の人工衛星を打ち上げたことに端を発します。この時、アメリカが軍事利用可能な科学技術で先行するため、高等研究計画局を設立します。その後、核戦争にも耐えうる通信システムを研究するため、DARPAが設立されます。こうした経緯で、通信技術に関しての研究開発がすすめられたのです。画期的だったのは、ARPAがパケット交換網を発表したことで、それはやがて長距離パケット交換技術へと発展していきます。ARPANETがインターネットの起源とも言われています。インターネットは、その後、普及的に発展することになります。1972年に入ると、ジュネーブ総会にて、総合デジタル通信網の基本概念が発表されることになります。これこそが、デジタル通信サービスの国際基準であり、商用利用として80年代後半から活発になっていきます。インターネットという言葉が登場したのは1974年で、1977年には電子メールの仕様が決まります。1980年代に入ると、TCP/IPがOSの一部として組み込まれるようになり、共同利用ネットワークが開始されます。ファイル転送など、電子メールや情報の配送のためのlistservサーバが提供されることになります。そして1985年に日本でもモデムの使用が可能になります。

 

>>フレッツ光の公式サイト

更新履歴